包茎手術を決意した理由

前回話したとおり、包茎時代のリョータローは、いろいろ包茎であるがゆえの屈辱、デメリットを被っていました。

 

なので、高校卒業間際には、真剣に包茎手術を考えるようになり、結局卒業してすぐに手術を受けることになりました。

 

 

手術を受けようと決断した理由とは?

ここでは、前回話したこと以外で、包茎手術を決断した理由を紹介していきます。

 

【理由1】早漏だったから

包茎に多いと言われるので予想はつくと思いますが、リョータローも早漏でした。

初体験以降も経験を重ねましたが、平均3分くらいのウルトラマンでした(涙)

 

調子のいいときは、5分以上持ちますが、ダメなときは逆に3分もいかないので、早漏も包茎と並んで、かなりのコンプレックスでした。

 

よく言われることですが、仮性包茎は普段亀頭が皮で保護されているため、いざセックスのとき亀頭が外に出ると、とっても敏感。

だから、刺激に弱く、すぐに終わってしまう。

 

 

リョータローもまさにこんな感じだったので、正直、

リョータロー
「包茎が治って、早漏も治るんなら、一石二鳥だし、やっぱ包茎治すしかないかな」

と思っていました。

 

手術後、実際に多少の改善はみられたし、よかったです。

 

 

【理由2】超仮性包茎だったから

包茎には,いくつか種類があります。

 

リョータローは仮性包茎ですが、その中でも、特に皮が多い超仮性包茎タイプでした。

勃起しても完全には剥けず、手を使わないとダメな状態でした。

 

通常仮性包茎の人の場合、女の子とセックスするときは皮を剥いておいて、勃起した状態しか見せないようにしている人がいると思います。

しかし、リョータローの場合は勃起しても被るので、すぐに包茎とバレてしまう状態だったんですね。

 

 

また縮んでいる状態では、完全に被っている上に、先に皮が少し余る感じだったので、この状態もイヤでした。

普通の仮性包茎であれば、最悪相手に気付かれても、

リョータロー
「包茎は7割もいるし、これが普通だ」

と開き直れます。

 

 

でも、超仮性包茎の場合、見慣れている子がみれば、

「普通の人以上に被っている」

と思われるんじゃないか、

 

同性にもサウナや温泉などで、

「あいつ剥けてない」

とバカにされるんじゃないか、など心配していました。

 

 

【理由3】将来「有名になるかも……」と考えていたから

いま考えてみると、かなりアホな妄想ですが、学生時代のリョータローは、

リョータロー
「将来ひょっとすると、オレはなにかの分野で有名になるかもしれないっ!」

と思い込んでいました。

 

なので、有名になったとき、むかし体の関係のあった女の子に、

「私、むかしリョータローとエッチしたことあるけど、包茎だったよー」

なんて、暴露されたらどうしようと、ありもしない心配をしていました。

 

 

もちろん、30代のいま現在、有名になりそうな気配はまったくありません……。

 

 

 

リョータロー
「完全にアホな男の妄想です。」

ただ、当時、ある雑誌(『週刊大衆』とか、そんな雑誌だったと思う)で青山ちはるというAV女優のインタビュー記事があったんです。

 

この青山ちはるという人は、振付師のラッキィ池田の元奥さんだったのですが、離婚時にいろいろもめたことがあり、そのインタビュー記事の中でも、ラッキィ池田とのことが書かれていました(ラッキィ池田は当時バラエティ番組にも出ていて、そこそこ有名人)

 

 

当然、「マザコンだった」とか悪口ばかりだったのですが、その中でも特に強烈だったのが、

「Hが下手で包茎だった」

という部分。

 

日本全国に「自分が包茎」だとバラされる。

これは男なら死にたくなるくらいのショックな出来事です。

 

 

正直、女って怖いと思いましたよ。

それと同時に、やっぱり包茎治そうと思いました。

 

 

包茎は治すしかないと思い始める

こんなことがあり、いよいよリョータローも包茎を治そうと決意します。

ただ、包茎を治すと言っても、手術以外にもいろいろな方法がありました。

いわゆる「包茎矯正グッズ」と呼ばれるものです。

 

剥きグセをつけるテープやジェル(アイプチのような感じ)

ビガーパンツ(包茎を矯正する下着。現在は販売停止)

キトーくん (包皮口を広げる器具)

 

 

ただ、これらの方法は基本的に剥き癖をつけたりするだけで、余っている皮そのものを無くすことはできないものなんですね。

 

 

使ったことがある人に聞くと、平常時で半カムリくらいの軽度仮性包茎なら、剥き癖をつけるだけで治せるかもしれない。

だけど、普通の仮性包茎では、皮の量が多くて完全には剥けないか、また剥けたとしても、余った皮が蛇腹のようになってしまって格好が悪いそうです。

 

h1

 

補足
ちなみに今はペニスを増大させて、余った皮が物理的に剥けるようになると宣伝している商品がありますが、これも基本的には軽度の仮性包茎用です。増大と言っても数cmくらいですから、それ以上に皮が余っている人は、当然被ったままです。

 

 

リョータローもできることなら、手術以外の方法で治したいとは思いましたが、皮の量が多いタイプ。

なので、たとえ包茎が治ったとしても、かなりの蛇腹状態になると思い、やはり皮は切るしかないと判断しました。

 

このとき、高校3年の3学期でしたので卒業したあと、すぐに手術を受けようと決断しました。「高校」も「包茎」も卒業です(笑)

 

h2

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事