【レビュー】仮性包茎矯正テープ「MUKETE」を自腹購入!~ 包茎は治るの?

前回、真性包茎やカントン包茎の治療器具である「キトー君」のレビューをしました。

 

ということで、今回は仮性包茎の矯正用具をレビューしたいと思います。

その商品が、仮性包茎補助テープ「MUKETE」です。

仮性包茎補助テープならMUKETE ※公式サイト

 

今回もこの商品レビューのため、自腹で商品を購入して、実際に手に取ってチェックしました。

 

実際に、リョータローが購入したという証拠です。

購入したときに、販売元から送られてくるメールです(今回は楽天で購入しました)。

注文時に届いたメール

 

≪この記事でわかること≫
  • 「MUKETE」を使うと、本当に仮性包茎が治るのか?
  • 購入費用以外に追加費用はかからない?
  • どのくらいの期間で包茎が治る?
  • 「MUKETE」は、どこで購入するのがおすすめ?
  • 「MUKETE」は周りにバレずに実践できる?
  • 「MUKETE」って、痛くはないの?

 

 

「MUKETE」って、どんな商品?

まず、「MUKETE」とはどんな商品なのか、かんたんにその特徴を紹介します。

 

「MUKETE」の特徴

  • 仮性包茎が自力で治せる

  • 包茎手術を受けるよりも料金が安い

  • 手術が怖い・苦手という人も、安心して治せる

  • 傷跡などの治療の痕が一切残らない

 

通常仮性包茎を治す場合は、包茎手術をしなければいけませんが、この「MUKETE」であれば、手術を行わずに自分で仮性包茎を治すことができます。

補足
ただ後述しますが、この「MUKETE」は、同じ仮性包茎でもあまり改善しない人も数多くいると推定できます。

 

利用者の口コミ

「MUKETE」を利用している方の口コミの一部です。

剥がれない、目立たない。

めちゃくちゃいい!
彼女には言いましたが、言われるまで気付かなかったようです。
リピート確実です。

すぐに切れる

装置にコツが必要ですぐに切れる
平常時と勃起時を繰り返しても外れることは少ない
効果と値段と装置手間を考えたら再購入はないカナ

Amazon.co.jp

※より多くの口コミはこの後のページでまとめて紹介します。

 

 

「MUKETE」を写真で紹介

ここからは写真を使って、「MUKETE」がどんな商品か紹介します。

 

開封すると下記のものが入っていました。

商品と説明書です

 

 

詳しく見てみましょう。

10枚×3シートです。

MUKETEのアップです。

 

 

シールを剥がしてみましょう。

シートからシールを剥がす

剥がしてみました

 

幅は12mmで長さは40mmのテープです。

 

 

ちなみにテープの粘着力はかなりのもので貼り付けた状態から引っ張っても、なかなか剥がれません。

引っ張っても、しっかりくっついている

さらに引っ張ってます

接着面は先端のごくわずかな部分だけですが、それでもしっかりくっついている

 

 

「MUKETE」で包茎ちんこが治る仕組み

ここからは「MUKETE」を使うと、なぜ仮性包茎が治るのか、その仕組みを紹介します。

 

ざっくり言ってしまうと、この商品は「剥き癖をつけて仮性包茎を矯正する」というものになります。

テープで日頃から剥いた状態にしておいて、包皮に癖をつけるということです。

 

「MUKETE」の使い方

使い方としては、まずペニスを剥いた状態にしておきます。

その状態で「MUKETE」を取り、白い台紙がついていない側を剥いた包皮に貼り付けます。

剥いた包皮に「MUKETE」を貼り付けていく

 

 

そして、皮膚をしっかり剥いた状態を維持しながら、残りの部分も全部貼り付けていきます。

残りの部分もペニスの根元に向かって貼り付ける

 

 

白い台紙も外して、貼り付けます。

台紙も外して貼り付ける

 

 

しっかりペニスにくっついたのを確認したら、シール表面に透明なシートがあるので、その部分を剥がします。

テープ表面の透明シートを剥がした状態

 

 

補足
テープについていた白い台紙と透明シートです。

台紙は粘着面、透明シートは反対の表面についています

 

これで装着完了です。

「MUKETE」をつけて、包皮が剥けた状態をキープできていればOKです。

もし包皮が戻ってしまう場合は、もう1度、皮を剥いてしっかり皮が動かないように、貼り直ししてみてください。

 

補足
ただし、余っている包皮の量が多いなど、ペニスの状態によっては、この商品を使っても剥けてる状態をキープできない場合があります。

この商品が合わない人もいるので、注意してください。

 

後は、この状態で日常生活を送っていただくだけです。

ずっと剥けている状態をキープしているので、上手くいけば癖がついてテープをつけなくてもズルムケの状態が維持できるようになるわけです。

 

治るのは仮性包茎のみ

ちなみに、このテープは仮性包茎専用の矯正用具です。

包皮を剥いた状態にして使うので、そもそも剥くことがむずかしい真性包茎やカントン包茎の方には使えません。

 

剥けるまでの期間

治るまでの期間は、正直個人差もあり、一概にこれくらいの期間が目安というのも言えません。

 

ただ皮膚を癖付けするわけですから、手術のように即日治ることは無理ですし、1~2週間などの短期で改善することも難しいでしょう。

どんなに早くても、数ヶ月は見といた方がいいと思います。

 

 

「MUKETE」で本当に包茎が治るの?

「MUKETE」で仮性包茎が治る仕組みは分かったと思います。

次に気になるのは、実際にこの「MUKETE」で仮性包茎が治るのかどうかですね。

 

包茎を治せる可能性はある

仮性包茎というのは、真性包茎などとは違い、剥くことは簡単にできます。

単に包皮の量が多くて、亀頭部分に被ってしまう状態ですので、剥き癖をつけて皮が被らないようにすれば治る可能性はあります。

 

ただ、あくまで癖をつけて治すだけですので、包皮の余りが多いと、いくら癖をつけても結局被ってしまうと思います。

 

包茎手術でも切らない包茎手術がありますが、それと同じ仕組みで、軽度の仮性包茎でないと改善は難しいと考えられます。

 

 

また仮に剥けたとしても、余った包皮が少ない人以外は蛇腹のような形になってしまうため、見栄えも悪いままになります。

皮の余りが多いと、剥けても蛇腹のようになることがある

 

 

そのため、「MUKETE」で仮性包茎が治るのは、比較的皮の余りが少ない軽度の仮性包茎のみと考えられるわけです。

 

「MUKETE」利用者の口コミ

実際に利用してみた方の口コミをまとめてみました。

 

よい口コミ

いいのではないでしょうか

簡単には剥がれませんね。素晴らしい。
でも取る時はコツが必要。

剥がれない、目立たない。

めちゃくちゃいい!
彼女には言いましたが、言われるまで気付かなかったようです。
リピート確実です。

安くて単純だけど 期待はもてそうかなぁ〜

これは良いかも…

Amazon.co.jp

 

悪い口コミ

貼りにくい

小さくてよいが、剥がれにくく、貼りにくい

すぐに切れる

装置にコツが必要ですぐに切れる
平常時と勃起時を繰り返しても外れることは少ない
効果と値段と装置手間を考えたら再購入はないカナ

んー

私は皮が長く、戻る癖があるので二枚つけても戻りました。
期待してましたが、残念でした。
テープが太いタイプも使ってみてから、リピートしようか考えます。

Amazon.co.jp

 

 

やはり治らなかったっていう意見もけっこうありますし、テープが切れてしまったという、商品上の欠陥を指摘する口コミもありますね。

 

また、やはり皮の余りが多い人は効果を実感できていないようですね。

 

 

「MUKETE」と包茎手術の比較

次に、「MUKETE」を使って仮性包茎を治す場合と、「包茎手術」で仮性包茎を治す場合の違いについてまとめました。

MUKETE 包茎手術
費用
治る確率
失敗時のリスク
事前の手間
治療の手間
痛み
精神的な負担
治療後の状態


 

 

費用

「MUKETE」は1箱30枚入りで、1000円ちょっとぐらいです。

1日1枚で3ヶ月ほど使ったとしても、3,000~4,000円で賄えます。

 

一方、包茎手術は病院や術式によって変わってきますが、料金は30,000円~200,000円くらいします。

ですので費用面で見ると、「MUKETE」に軍配が上がります。

 

治る確率(成功率)

上述したとおり、「MUKETE」は軽度の仮性包茎以外は、治りにくいと思われます。

 

一方、「包茎手術」の方は、メスで包皮を切り取りますので、基本的には包茎を確実に治せます。

そのため治る確率で言えば、「包茎手術」の方が上です。

 

失敗時のリスク

「MUKETE」を使って失敗する場合というのは、単に包茎が治らないということになります。

状態が改善しないということだけですので、とくに失敗してマイナスになることはありません。

(せいぜいお金が無駄になることぐらいでしょうか)

 

一方、「包茎手術」の場合、失敗というと包皮を切りすぎて勃起時に突っ張ってしまうことや、感度が落ちることなどがあります。

 

そのため、失敗したときのリスクで考えると、「MUKETE」の方が安全です。

 

補足
ただし、包茎手術は皮膚を切るだけですので、外科手術の中でも比較的簡単な手術と言われています。

そのため、そもそも失敗する可能性がかなり低い手術と言えます。

 

事前の手間

「MUKETE」はネットで簡単に購入ができますし、種類もノーマルタイプとワイドタイプの2つしかありませんので、ほとんど悩まずに手に入れることができます。

 

一方、「包茎手術」は事前にメール相談をしたり、カウンセリングを受けたりしますし、スケジュールを空けて直接病院に行く必要があります。

 

また、「どの病院」で「どの術式」で受けるかなど、いろいろ調べることが多く、事前にやることがかなり多くあります。

 

ですので、事前の手間という面で見ると、「MUKETE」の方が有利です。

 

治療の手間

「MUKETE」は、毎日癖がつくまで包皮を剥いて、テープでとめる作業が必要です。

しかも、数週間で治る可能性は低く、最低でも何ヶ月かは続けないといけないので、それなりに手間がかかると思います。

 

一方、「包茎手術」の方法は、治療に関する手間はほとんどありません。

 

手術自体はお医者さんがやってくれますので、自分がやることといえば、術後の包帯交換くらいです。

その手間もそんなに大きくないですし、1~2週間程度で終わりますので、治療に関する手間で言えば、「包茎手術」の方が有利ですね。

 

痛み

痛みに関してですが、仮性包茎であれば無理なく包皮が剥けるはずなので、「MUKETE」を使った場合の痛みはほとんどありません。

 

一方、「包茎手術」は麻酔があるので、術中はほとんど痛みはありませんが、術後に麻酔が切れた後に、多少の鈍痛があります。

 

ですので、痛みの面で言うと、「MUKETE」を使った方が少ないと言えます。

 

補足
どちらの場合も皮が剥けると、日常生活をする上で、亀頭がパンツに擦れて痛みを感じる場合があります。
ただ、次第に亀頭が刺激に慣れて、痛く感じなくなります。

これは「MUKETE」で治した場合も、「包茎手術」で治した場合もどちらも同じでです。

 

精神的な負担

「MUKETE」はネットで注文して、誰にもバレずに包茎を治すことができます。

ですので、周りにバレる心配はありませんし、恥ずかしさなどの精神的な負担はありません。

 

一方、「包茎手術」は自分の友達や知り合いなどにバレる心配はありませんが、包茎手術を行う病院の執刀医やカウンセラーなどと対面、会話をしますので、そこでの恥ずかしさはあります。

いくら相手はお医者さんで慣れているとはいえ、患者側からするとかなり恥ずかしいと思います。

 

そのため精神的な負担の面でいうと、「MUKETE」の方が絶対にいいと思います。

 

治療後の状態

「MUKETE」は、余った包皮を取り除くのではなく、あくまで癖をつけるだけですので、よほど軽度でないと余った包皮が蛇腹のように見えて、見栄えが悪くなります。

 

皮の余りが多いと、剥けても蛇腹のようになることがある

 

 

「包茎手術」の場合は、物理的に余ってる包皮を取り除くので、術後の状態はきれいなムケチンになっています。

※ただ術式によっては、傷跡が若干目立つ場合もあります。

 

そのため、包皮の余りがとても少ない軽度の場合は「MUKETE」の方が、包皮の余りが普通、もしくは多い場合は包茎手術の方が治療後の状態はよいと言えます。

 

 

「ノーマルタイプ」と「ワイドタイプ」の違いは?

「MUKETE」はテープの幅が通常のノーマルタイプ(幅12mm)と1.5倍広いワイドタイプ(幅18mm)の2つがあります。

違いは、ワイドタイプの方が幅が広い分、しっかり粘着して止められるという点です。

 

それ以外に違いはないようですので、最初にノーマルタイプを買ってみて、もしだめならワイドタイプに切り替えるような形でいいと思います。

実際ノーマルタイプでも、上述したとおり、かなり粘着力はあります。

 

 

MUKETEの購入について

次に購入について説明します。

 

購入先と料金~MUKETEはどこで買えるの?

「MUKETE」は、公式サイトの他、アマゾンや楽天などで購入することができます。

仮性包茎補助テープならMUKETE ※公式サイト

 

基本的にどこで買っても、値段は下記のようになっています。

ノーマルタイプ(30枚入り) 1,089円
ワイドタイプ(24枚入り) 1,298円

 

ただ、公式サイトでは、限定で下記のような定期便の商品もあります。

ノーマルタイプ(30枚入り)定期便 990円(3,960円)
ワイドタイプ(24枚入り)定期便 1,210円(4,840円)

※「定期便」はサブスクのように一定期間ごとに継続して商品が送られてくるシステムです。

最低継続期間があり、最低4回を続けないといけません。

( ) 内が4回続けたときの合計金額です。

 

リョータロー
「正直、定期便になっても大して安くならないので、お試しでやってみたい人は普通に1箱分を買った方がいいかなと思います。
ちなみにその場合はポイントがつくので、Amazonか楽天で購入した方がいいですね。」

 

支払い方法

続いて支払い方法についてです。

 

公式サイト

公式サイトでの支払い方法は、全部で3つあります。

  • クレジットカード
  • 後払い決済(後日払込票が届くので、コンビニ・郵便局・銀行で支払う)
  • Amazonペイ(Amazonのアカウントで支払いができます)

 

Amazon

Amazonでの支払い方法は次のとおりです。

  • 代金引換
  • クレジットカード
  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い
  • Amazonポイント・Amazonギフト券

 

楽天

楽天の支払い方法は販売店舗により異なります。

 

受取場所

続いて受取場所です。

 

公式サイト

公式サイトでの受取場所は、1つです。

  • 自宅

 

Amazon

Amazonでの受取場所は、全部で2つです

  • 自宅
  • コンビニ受取

 

楽天

楽天の受取方法は販売店舗により異なります。

 

 

「MUKETE」に関するQ&A

「MUKETE」に関する疑問や質問に解説します。

 

「MUKETE」で治らない人はいる?

上述したとおり、「MUKETE」は包皮の癖をつけるだけですので、治らない人も一定数います。

また、軽度でない包茎の場合は、剥き癖がついたとしても、余った包皮が蛇腹のようになってしまいます。

 

どれくらいの割合が治らないかはわかりませんが、包茎手術などと違い、治る確率はそこまで高くないと思われます。

 

真性包茎・カントン包茎は治せるの?

真性包茎やカントン包茎は治せません。

この商品は剥いた状態をテープで留める必要がありますので、そもそも包皮が剥けない真性包茎やカントン包茎では使えません。

 

購入費用以外に追加費用はかからないの?

「MUKETE」を使っていく上で、他に追加費用はかかるのか気になる人もいると思いますが、基本的にかかりません。

「MUKETE」だけの料金でOKです。

 

ただ、数か月はやる必要があると思うので、「MUKETE」1箱(30枚入り)だけでは足りないと思いますし、何箱か買う必要はあると思います。

 

テープを皮膚にずっとつけていてかぶれたりしないの?

「MUKETE」は医療用素材をもとに作られたテープです。

そのため、かぶれる可能性はそれほど高くないと考えられます。

 

リョータロー
「実際、リョータローも今回、試しにペニスに張って1日過ごしてみましたが、とくにかぶれることなく使用することができました」

 

補足
もちろん個人差があるので、体質によってはかぶれてしまう人もいると思います。

その場合は無理に使用せず、状態が落ち着くまで使用は控えてください。

 

 

今回のまとめ

以上、仮性包茎治療器具「MUKETE」のレビューになります。

最後に、今回のまとめをします。

 

「MUKETE」は効果があるの?

治る人はいますが、癖をつけるだけなので、治る確率はそこまで高くなさそうです。

口コミでもそこまで評価は高くないですしね。

 

また、包皮の余りが軽度でない場合は、剥き癖がついたとしても、蛇腹のようになって見栄えが悪くなる可能性があります。

 

包茎手術との違いは?

MUKETE 包茎手術
費用
治る確率
失敗時のリスク
事前の手間
治療の手間
痛み
精神的な負担
治療後の状態


 

 

最後に

上述してきたとおり、正直、「MUKETE」はそれほど治療確率が高い商品とは思いませんでした。

 

もちろん軽度の人など治る人はいると思いますが、癖をつけるだけなので、この商品を使っても治らないという人は少なくないはずです。

 

ただ、一方で料金はかなり安いので、ダメ元で試してみるのはアリだと思います。

とりあえず試しに1箱使ってみて、まったく改善の傾向がないようでしたら、そこで止めればいいですし、金額的な損失も1000円ちょっとで済みます。

 

通常、仮性包茎を治すには包茎手術しかありませんし、料金的な負担や肉体的な負担も大きいです。

「MUKETE」であれば、そういった負担が少なく、同じように包茎が治るなら包茎手術よりも圧倒的にいいことだらけです。

 

リョータロー
「ですので、包茎手術を受ける前に1度試してみるのは悪くない選択だと思いました」

 

気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

仮性包茎補助テープならMUKETE ※公式サイト

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事