包茎手術は嫌だっ!! 自力で包茎を治す3つの方法

「包茎は治したいけど、包茎手術は怖い……。」

「できれば包茎手術以外で、自分で包茎を治したい。」

「未成年なので、包茎手術を受けるには親の同意書が必要……。」

 

このように、包茎を治したいけれども、「包茎手術は受けたくない……」「包茎手術以外で治したい」という方は、かなり多くいます。

 

包茎手術はかんたんな手術と言われますが、それでも「手術」ですから、やっぱり不安が大きいと思います。

また、お金も安くはありません。

 

 

しかし、一方で包茎手術は、一番確実に包茎が治る方法です。

実際、包茎を治した方のほとんどは手術によるものだと思います。

 

リョータロー
「でも、包茎手術以外で包茎が絶対に治らないのかと言うと、決してそうではありません。」

 

あなたのペニスの状態にもよりますが、場合によっては包茎手術以外、つまり自力で包茎を治すことも可能なんです。

今日は包茎手術以外で、あなたの包茎を治す方法を紹介したいと思います。

 

 

自分で包茎を治す方法

自分で包茎を治す方法は、大きく分けて以下の三つの方法があります。

  1. 包皮に剥きグセをつける

  2. 亀頭を大きくする

  3. 包皮口を広げる(真性包茎向け)

 

一つずつ解説していきますね。

 

【方法1】包皮に剥きグセをつける

まず一つ目の方法が、包皮に剥きグセをつけるという方法です。

包茎というのは、そもそも包皮の量が余っているため、亀頭に被ってしまい、包茎になります。

 

しかし、その包皮に普段から剥いているクセがつけば 、亀頭に包皮が被りにくくなります。

つまり、「被っている状態ではなく、剥けている状態」が普段の状態になるようにするというわけです。

 

 

では、

「どうやって、クセ付けをすればいいのか?」

と言うと、矯正用のテープやノリで剥けている状態を固定するのです。

 

二重まぶたのアイプチなどと、同じような原理と考えるとわかりやすいでしょう。

アイプチは、もともと一重のまぶたを二重まぶたの状態にして、その状態をアイプチで固定して、クセ付けします。

それをペニスでやるようなイメージです。

補足
余談ですが、以前、オンナ友達から聞いた話で、過去に関係を持った男で、本当にこのアイプチを使って、包茎を治してる男がいたそうです。

初めて、その男とエッチをした時にフェラをしていたら、口の中に何か異物が感じられたそうです。

「なんなんだろう?」と思ってフェラをやめて、口の中から出してみたら、アイプチだったわけです。

「何これ?」と男に尋ねたら、「いや、実は仮性包茎がコンプレックスで、 アイプチで治らないかと思ってつけてたんだよね……」と言われたんだそうです。

笑える話だけど、元仮性包茎のリョータローとしては、気持ちは痛いほど分かります(苦笑)。

 

クセ付けは、こちらの仮性包茎専用の矯正ジェルを使うといいでしょう。

最初に被った状態で、このジェルを包皮に塗ります。

それから包皮を剥き、その状態でしばらく固定すると、剥いた状態がキープできるというわけです。

 

もちろん、ジェルが取れれば元に戻りますが、これを何回も繰り返し使うことで、包皮にクセがつきます。

すると、ジェルがなくても、普段から皮がむけた状態になるという仕組みです。

 

 Men’s @ PLUS 仮性包茎矯正ジェル

 

◆ 注意点

この方法は自力で治せるので、包茎手術のような不安もありませんし、お金も格段に安く上がります。

 

ただ、デメリットとしては、包皮の余りが少ない、いわゆる軽度の仮性包茎のみしか使えないということです。

包皮が普通に余っている場合は、いくら剥けている癖がついても、包皮自体はなくならないので、蛇腹のようになってしまいます。

軽度の仮性包茎以外は蛇腹状態になりやすい。

 

逆に見栄えが悪くなるので、軽度の仮性包茎以外はあまりお勧めできません。

 

【方法2】亀頭を大きくする

続いて二つ目の方法は、亀頭を大きくするという方法です。

 

なぜ、「亀頭を大きくすると包茎が治るのか?」と言うと、亀頭が大きくなることによって、包皮がカリの部分に引っかかり、亀頭まで被りづらくなるからです。

では、次に「どうやって亀頭を大きくすれば良いか?」と言うと、方法は二つあります。

 

亀頭部分(とくにカリ)に日頃から、刺激を与えておく

人間の皮膚というのは、日頃から刺激を受けることで、硬く、厚みが増していきます。

 

柔道や剣道を始めた人が、しばらくするとかかと部分が硬く、厚くなったりします。

あれは足が畳に何百回と擦れて、かかと部分が刺激を受けているからです。

 

亀頭も同じように、普段から刺激を与えておくことで、ある程度、硬く厚みが出る可能性があります。

即効性はありませんが、方法の一つとして、やってみてもいいかもしれません。

 

亀頭増大サプリメントを使う

もう一つの方法は、サプリメントを使うという方法です。

あまり馴染みがないかもしれませんが、サプリメントの中には、亀頭を大きくするというサプリがあるんです。

 

正直、有名なメーカーが作っているものではありませんし、効果も未知数です。

ただ、亀頭増大するサプリメントということで売り出されていますし、Amazonでも「Amazon’s Choice」に認定されているので、一応紹介しておきます。

「Amazon’s Choice」に認定されている。

 

Apsorusin(アプソルシン)

補足
ちなみにAmazonで購入するよりも、下記公式サイトで購入した方が安いので、公式サイトでの購入をおすすめします。

Apsorusin(アプソルシン)

 

 

◆ 注意点

この2番目の「亀頭を大きくする」という方法も、1番目の「包皮の剥きグセをつける」と同じように、軽度の仮性包茎にしか効きません。

 

普通の仮性包茎の場合、いくら亀頭部分を大きくしても包皮の量が多いので、結局被ってしまうんです。

その点は注意しておいてください。

 

【方法3】包皮口を広げる(真性包茎向け)

そして3番目の方法が、包皮口を広げるという方法です。

こちらは今までの方法と違って、真性包茎の方向けの方法です。

「包皮口」とは、被っている包皮の先端のこと。

 

また、「真性」を治す方法であって、「包茎」を治す方法ではありません。

そのため、真性包茎から仮性包茎になるだけです。

 

仮性包茎になればOKという方なら、おすすめですが、

「仮性包茎も嫌だっ!  ズル剥けになりたい。」

という場合は、やはり包茎手術をお勧めします。

 

真性包茎は包皮口が狭く、皮を剥こうとしても剥けない状態です。

そのため、真性包茎を自力で治すには、包皮口を普段から広げるように刺激を与えていき、少しずつ口の部分を広げるようにします。

 

亀頭部分よりも包皮口が広くなれば、スッと皮が剥けるようになりますので、真性包茎から仮性包茎に変わることができます。

では、「どうやって包皮口を広げていけばいいのか?」、その方法を紹介したいと思います。

 

◆ 手順

お風呂に入り、包皮の部分を手で揉んで、柔らかくしておく。

包皮が柔らかくなった状態で、少しずつ包皮を剥いていく。

痛いなと感じる部分まで、剥いたらその状態を10秒間キープする。

10秒経ったら、包皮を被せて元に戻す。

これを10回繰り返す。

 

毎日お風呂に入った時には、このトレーニングを行うようにしてください。

これにより、包皮口が少しずつ広くなって、亀頭が出てくる可能性があります。

 

また、器具を使って、より効率的に包皮口を広げる方法もあります。

器具で包皮口を直接広げるようにする仕組みですので、自力でやるよりか早く包皮口を広げることが期待できます。

 

 キトーくん

 

 

まとめ

 

自力で包茎を治す方法は3つ

  • 【方法1】包皮に剥きグセをつける

  • 【方法2】亀頭を大きくする

  • 【方法3】包皮口を広げる(真性包茎向け)

 

包茎を治すサポートグッズ

仮性包茎 真性包茎 補足
Men’s @ PLUS 仮性包茎矯正ジェル × 軽度の仮性包茎のみ有効
Apsorusin(アプソルシン) × 軽度の仮性包茎のみ有効
キトーくん × 真性包茎から仮性包茎の状態になる

 

Men’s @ PLUS 仮性包茎矯正ジェル(剥きグセをつける)

 

Apsorusin(アプソルシン) (亀頭を増大させるサプリメント)

 

キトーくん (包皮口を広げる器具)

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事