2019年包茎手術料金の相場は〇〇円! 各クリニックの料金を比較・計算

包茎手術を受けるとき、術後の「見栄え」と合わせて気になることと言えば……、

リョータロー
「ズバリ『手術料金』っ!!」。

 

リョータローも手術を受けたときは、フリーターでお金がなかったので、各クリニックの手術費用を比較したりして、結構気にしていたもんです。

リョータロー
「誰だって、できるだけ料金の安いクリニックで手術が受けたいっ! それが人情ですよねー」

 

 

でも、包茎手術の料金や相場って、なかなかわかりにくくないですか?

 

「包茎手術の相場って、だいだいいくらぐらいなの?」

「追加料金が必要だったりして、結局いくらか、わかりにくいっ!」

「同じ条件で、各クリニックの料金を比較したい……」

など、手術費用に関する疑問や不満の声をよく聞きます。

 

 

ということで、今回リョータローは、有名な包茎専門クリニックの手術料金を比較して、一覧で紹介することにします。

 

しかも、できるだけ同じ条件による手術方法での料金比較です。

包茎手術は、

「ペニスのどこの部分を切るか?」

「包皮小帯(裏すじ)は残すか?」

など術式によって大きく料金が変わりますが、できるだけ各クリニックで同じ条件にして料金を比較しました。

 

また、独立行政法人「国民生活センター」が調査をした包茎手術料金の集計データ(包茎手術を受けた男性150名による調査)も、あわせて紹介します。

 

不透明でわかりにくいといわれる包茎手術の料金ですが、今回の記事を読むことで次のようなことがわかるようになります。

 

≪今回の記事でわかること≫
  • 各有名クリニックの料金から算出した見栄えのよい包茎手術の相場料金
  • 各有名クリニックの料金から算出した最安の包茎手術(クランプ式など)の相場料金
  • 実際に包茎手術を受けた150人から算出された包茎手術の平均料金
  • 各有名クリニックの見栄えの良い手術と最安手術の料金

 

 

そのため、

「同じ施術の手術を受けた場合、どこのクリニックが高くて、どこが安いか?」

「病院が出した見積りは妥当なのか? ボッタくられてはいないか?」

などがわかり、病院選びに役立てることができると思います。

 

 

包茎手術の相場や料金の比較がむずかしい理由は?

リョータロー
まずそもそもですが、各クリニックの相場を知ることや、手術料金の比較をすることが、なぜむずかしいのか?

 

実際、リョータローからみても、包茎手術の料金・相場はわかりづらく、各クリニックの比較はむずかしいと思います。

なぜかというと、大きく考えて2つの理由があるからです。

 

  1. クリニックは、一番安い手術料金をメインで見せてるから

  2. 手術の内容が明確に説明されていないから

 

詳しく説明していきますね。

 

【理由1】メインで見せているのが、一番安い手術の料金だから

リョータロー
「よく、包茎手術の広告などで見かける料金に、だまされてはいけません!」

広告でよく表示されている金額は、だいたいそのクリニックの最安値の料金なんです。

 

そのため、クリニックによって細かい違いはありますが、

  • クランプ式の手術

  • 亀頭の真下ではなく、陰茎中央で切開する環状切開法

  • 包皮小帯も切除する

  • 軽度の包茎しか治らない、切らない術式

など、術後の見栄えがよくなかったり、一部の人しか受けられなかったりする手術の料金であることが多いんです。

 

ですので、広告に表示されていた手術代金を目安にしてクリニックに行くと、見栄えをよくするために、

リョータロー
「別の方式の手術を選ばなければ、いけなかったり」

リョータロー
「オプションを足して、追加料金を払わなければいけなかったり」

して思った以上に、料金がかかってしまうこともあるんです。

 

 

リョータロー

「包茎手術に限らず、よくある手法ですねー。

『広告では一番安いお買い得商品・サービスを載せてお客さんを集め、来たお客さんには他の売りたい商品を薦める』ってやつです。」

 

 

包茎手術を受けようとする多くの方は、当然術後の見栄えも気にしますから、最安値の手術は受けたくありません。

 

結果的に、実際に支払う手術代金と、広告などで見かける手術代金に違いが出てしまい、包茎手術の相場もわかりにくくなってるわけです。

 

【理由2】各手術の内容が、明確に説明されていないから

リョータロー
「各クリニックの料金を比較したい場合、当然ですが、同じ条件で比較する必要がありますよね?」

 

一方のクリニックが「クランプ式で電気メスを使う手術」なのに、もう一方は「フリーハンドで金属メスで切開をする方法」だったら、後者の方が金額が高くなるのは当たり前で、比較にならないですよね?

 

 

また、メスで切る位置も、カリのすぐ下で切る場合と、陰茎の中央部分で切る場合で料金は変わってきます。

 

このように、手術内容によって料金が変わってきますから、各クリニックの料金を比較するときは条件を統一しなければいけません。

 

 

ただ、各包茎専門クリニックのホームページを見ていただくとわかりますが、手術代金ははっきり載っていても、その手術代金でどういう手術を行うのかについては、詳しい情報が載っていないことが多いんです。

 

手術料金は最低価格のものを載せているのに、手術の説明の部分では一番お金のかかる高品質な手術内容を載せてる場合もあり、誤解を招くような記載もあったりします。

 

そのため、条件を揃えることができず、各クリニックで料金を比較することがむずかしいわけです。

 

 

同じ条件で各クリニックの料金を比較しました

しかし、今回リョータローは各クリニックへの質問・確認などをとおして、かなり実用的な料金比較に成功しました。

 

ポイントは、

  • 最低料金を比較するのではなく、多くの方が受ける一般的な手術方法の料金を比較

  • 各クリニックで、できるだけ条件を同じにして料金を比較

したというところにあります。

 

リョータロー
「そのため、これから包茎手術を受けようと考えている方には、実用的なデータになってるわけですよ(ニヤっ)!」

 

有名包茎専門のクリニックの料金・相場

今回リョータローが調査したのは、上野クリニックやABCクリニックなど、有名な包茎専門クリニックの手術料金です。

 

保険が利く一般的な泌尿器科などの手術料金は含めていません。

「標準手術」「最安手術」という表記について

今回「標準手術」と表記した手術は、包茎手術を受ける方の多くが選択するであろう術式を想定しています。

具体的には、下記条件の手術を指しています。

  • 切開位置は「陰茎中央」ではなく、傷の目立たない「亀頭直下」。

  • 切開は電気メスではなく、傷の残りにくい金属メスを使用。

  • 包皮小帯をできるだけ残して整える「小帯形成」を適用。

  • クランプ式ではなく、各患者に合わせた手術ができるフリーハンド式。

  • 仮性包茎の手術。

 

※縫合に使う糸はこだわらない人も多いため、「吸収糸」「非吸収糸(ナイロン糸)」どちらでもOKにしています(一般的に同額か、ナイロン糸の方が数万円高い場合が多いです)。

「最安手術」は、名前のとおり、そのクリニックで行っている一番安い包茎手術の料金です。

標準手術 最安手術 補足
上野クリニック 25万2千円 7万2千円 標準手術の金額は「ナイロン糸」使用の場合。
ABCクリニック 14万円 3万円 『3,30,3』プロジェクト」適用時の料金。
最安手術はクランプ式手術。
東京ノーストクリニック 17万円 3万円 最安手術の金額は「切らない手術」の場合。
エーツー美容外科 -- 5万円 クランプ式が基本のため、標準手術は未記載。
東京スカイクリニック 25万円 9万円 最安手術のクランプ式手術。
新宿メンズサポートクリニック 16万円 5万円 最安手術のクランプ式手術。
川崎中央クリニック 11万円 7万円 標準手術の金額は「ナイロン糸」使用の場合。
補足
できるだけ条件は揃えて料金比較していますが、各クリニックでも細かい差異はあるため、完全に同じ条件での比較ではありません。

 

また、「亀頭直下切開」など、名目上同じ条件でも、各クリニックでカリから何ミリの位置で切るかは異なり、手術クオリティにも違いがあります(当然、カリからの距離が短い方が傷は目立ちませんが、技術力が必要です)。
また、小帯(裏すじ)を整える「小帯形成」も多くのクリニックで行っていますが、どの程度キレイに整えられるかは、技術力によって差が出ます。
そのため、今回の料金もあくまで目安のひとつとしてお考えください。

 

各クリニックの手術代金をもとに、相場(平均金額)を算出しました。

その結果、手術料金の相場は下記のとおりになりました。

標準手術 最安手術
平均手術費用 180,333円 56,000円
補足
「平均手術費用」は、各クリニックの手術費用を合計して、その金額をクリニックの数で割って算出しました。

 

国民生活センターによる包茎手術料金の集計データ

参考データとして、独立行政法人「国民生活センター」というところが、平成28年に調査した包茎手術料金のデータも紹介しますね(全国の18歳から39歳の男性150名による有効回答)。

かかった手術費用 人数 割合
10,000円未満 2 1.3%
10,000円以上 100,000円未満 95 63.3%
100,000円以上 300,000円未満 33 22.0%
300,000円以上 500,000円未満 4 2.7%
500,000円以上 1,000,000円未満 11 7.3%
1,000,000円以上 5 3.3%

※「包茎手術に受けたことがある人及び関心がある人を対象としたアンケート調査」(「国民生活センター」2016年5月実施)

 

補足
料金差がかなり激しいのがわかると思いますが、以下の可能性があるから、補足しておきます。

 

50万円や100万円を超える高額な手術料金を払ってる人が1割近くいますが、悪徳な業者にだまされたり、包茎手術以外のオプションなどを追加して、高額になってしまっている可能性があります。
きちんとしたクリニックで適正な手術を受けていれば、ここまで通常は高くならないですからねー。

 

また、逆に1万円以下などかなり格安の手術料金もありますが、こちらは泌尿器科で保険適用の手術を受けたなどと考えられます。
1万円から10万円のボリュームゾーンも保険適用の方が多くいると思うし、また、クランプ式などの格安の術式で手術されている方もいるんじゃないかなーと思います。

 

そのため、ちゃんとした包茎専門のクリニックで手術を考え、また、見栄えもある程度よい手術を受けたいと考えている方とは前提条件が違うと考えられます。
なので、このデータも目安のひとつとして考えてもらえればと思います。

 

こちらのデータでは、アンケート回答者ごとの正確な手術料金はわからず、手術料金帯ごとの人数しかわかりませんでしたので、リョータローの方で簡易的に相場を算出してみました。

すると、この調査での包茎手術の相場は、「177,900円」と判明しました。

補足
相場の算出にあたっては、各料金帯の中央値をその層の平均額と仮定して計算しました。
「10,000円以上100,000円未満」なら、中央値「55,000円」を平均額として、人数をかけ(この場合「95」人)、その層の合計金額を算出します(この場合「5,225,000円=55,000×95」)。
そして、各料金帯ごとの合計金額を足し(今回の場合「26,685,000円」)、その金額をアンケート回答者の数(今回の場合「150」人)で割りました。

 

 

意外にも、一般的に考えられている包茎手術の相場と、それほど大きな違いのない金額になりました。

 

100万円を超える手術代金を払ってる人がいる一方で、保険適用で手術を受けたり、見栄えがあまりよくない格安の手術を受けたりしている人もいるので、上ブレ要素と下ブレ要素両方があったためでしょう。

結果的に平均的な金額で、さきほどリョータローが算出した包茎専門クリニックの相場(「180,333円」)とほぼ同じでしたね。

 

 

包茎専門の料金・相場についてのまとめ

包茎手術の平均費用(相場)を、まとめます。

包茎専門クリニックの標準手術 包茎専門クリニックの最安手術 国民生活センター調査
平均手術費用 180,333円 56,000円 177,900円
補足
「標準手術」は、亀頭直下切開・小帯形成など、多くの方が選択する一般的な手術の費用です。
「最安手術」は、各クリニックのもっとも安い手術の費用です。。
「国民生活センター調査」は、「国民生活センター」の調査による手術の費用です(保険適用や一般的な泌尿器科による手術も含まれると推定される)。

 

よく、包茎手術の広告などで、10万円以下などの格安料金を謳っているクリニックがありますが、それは見栄えがあまりよくない術式の格安手術だったりします。

 

 

リョータロー

「術後の見栄えをよくする手術になれば、やっぱそれなりに金額がかかるわけですなー。

 

でも、このことをちゃんとわかっておけば、カウンセリングでクリニックに行ったときも、驚かずに冷静にカウンセリングが受けられると思うから、ちゃんと覚えておいてねー」

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事