新宿メンズサポートクリニック

【新宿メンズサポートクリニック】

リョータロー

手術は亀頭直下で切り、裏すじも残すという見た目にも気を配りながら、料金も低価格なクリニック。

実績、知名度などはまだまだだけど、これから注目の病院かも。

 

 

 

新宿メンズサポートクリニックを徹底チェック!

新宿メンズサポートクリニックの基本情報を徹底紹介します。

手術方式、手術代はもちろん、相談窓口の対応など、新宿メンズサポートクリニックがどういうクリニックか一目瞭然です。

 

新宿メンズサポートクリニックの各サービスをA~E評価!

補足
表の右側にある「評価」は、調査したデータなどを精査、他のクリニックと比較した上でリョータローが判断した評価です(A~Eの5段階で、Aが最高)。

項目 説明 評価
手術方式

『切開場所』

基本的には亀頭直下埋没法で亀頭直下を切る。ただし、クランプ式なので、通常よりもカリからの距離が離れてしまう可能性もある。
※状態によりできない場合もある

 

『包皮小帯(裏すじ)』

クランプ式のため、裏すじは残らない。フリーハンドによる術式なら、亀頭直下で切っても、基本的には残すようにするとのこと。

 

『各手術の説明』

  • 「仮性包茎」- 仮性包茎のための手術(クランプ式)。
  • 「カントン包茎」- カントン包茎のための手術
  • 「真性包茎」- 真性包茎のための手術

※「仮性包茎」は、別料金でクランプ式ではない、フリーハンドの手術も行っている。

C
症例写真 カウンセリング時に見ることができます。 A
執刀医が
カウンセラー?
実際の執刀医が問診・診察を行い、手術の相談は専門カウンセラーが対応する。 A
カウンセリング料金 無料 A
スタッフ オール男性スタッフ A
手術費用 50,000円~160,000円 A
支払方法
  • 現金
  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • ローン
A
メール相談は
しやすいか
電話番号の入力が必須。選択肢で「メールでの対応を希望」しても、電話番号の入力が必要なのは、マイナス。
※相談後に入力した番号に営業電話がかかってくることはなかった
D
メール相談対応

昼過ぎにメールしましたが、返信は2時間で来ました。

説明も丁寧で、こちらの質問内容に対して、きちんと回答してくれました。他のクリニックと比べてもよい方だと思いました。

A
電話相談対応 一応質問には、ちゃんと答えてくれたが、早口でささっと答える感じ。営業感はまったくなくて、しつこくカウンセリングを薦められることもなく終了。あっさりしすぎて、逆にちょっとビックリ。

 

しかも、ここのクリニックは珍しく番号通知をしなくても相談ができました。
※メール相談は番号が必要なのになぜ? 普通、逆でしょ?(笑)

B

 

新宿メンズサポートクリニックの手術別料金表と基準治療費

基本手術
  • 5万円-「仮性包茎(基本SV切除)」(クランプ式)
  • 12万円-「カントン包茎」
  • 15万円-「真性包茎」
オプション 16万円-「仮性包茎(精密WV切除)」(フリーハンド式)
基準治療費 16万円~
キャンペーン 無し
※過去に「WEB割-1万円割引」がありましたが、現在はホームページでもなくなっています。

補足
「基準治療費」は、傷痕が目立たない亀頭直下を切開し、なおかつ小帯(裏すじ)を残す手術をした場合の料金です(なお、ペニスの状態により、料金が変わってくることもありますので、あくまで目安としてお考えください)。

 

補足
※「仮性包茎」(5万円)の手術で、亀頭直下切除、包皮小帯温存が可能と記載していましたが、誤りでした。
正しくは「16万円」の手術で上記治療が受けられます。訂正してお詫びいたします(2018年12月10日)。

 

 

リョータローが新宿メンズサポートクリニックの特徴を解説!

ここでは、新宿メンズサポートクリニックの特徴を紹介します。

 

【特徴1】クランプ式で格安料金

ここは、基本的にクランプ式の手術を行うクリニックで、格安をウリにしているのが特徴です。

術後の見栄えはそこそこでいいので、安く手術を受けたい方にはおすすめです。

 

クランプ式手術については下記の記事を参考にしてください。

 

 

ただし、希望をすればフリーハンド式の手術も行っており、その場合には料金が一気にあがり、16万円となります。

リョータロー
「でも、そうなると他のクリニックと差はなく、格安感は薄くなります。」

 

【特徴2】店舗は新宿と横浜のみ

ここは全国展開しておらず、「新宿」「横浜」にしかクリニックがありません。

ですので、地方などで新宿と横浜から遠い人は選択肢から外れてしまいます。

 

リョータロー
「他院だと30院以上あるところもあるので、包茎専門のクリニックとしては少なめです。」

 

【特徴3】執刀医が顔出し・名前出ししている

新宿院は執刀医である葉山院長が顔出し・名前出しをしています。

包茎手術のクリニックでも、顔出し・名前出しをしているところは少数派なので、これはよいと思います。

 

リョータロー
「やっぱり、顔や名前が出ていると、安心感や信頼感がありますからね。」

 

 

ちなみに希望すれば、横浜院でも葉山院長の執刀を受けることもできるそうです。

 

横浜院は別のドクターが院長ですが、顔出ししていません。

なので、より安心感を求めるなら、葉山院長を希望して手術を受けてもいいですね。

 

【特徴4】ホームページの問い合わせフォームが微妙……

ちょっとガッカリだったのは、メール相談でメールでの連絡を希望しているのに、「電話番号の入力が必須」なこと。

ただでさえ不必要に個人情報は出したくないのに、包茎みたいなデリケートな相談で、電話番号の入力が必要なのは、嫌ですよねー。

 

ただ、相談後に入力した番号に営業電話がかかってくるようなことはありませんでした。

shinjuku-mens-support-clinic2
 
 

ただ、逆に電話相談は番号通知をしなくても通じるという不思議な設定。

おそらくメールフォームの設定ミスかなんかだと思いますね。

 

どうしても電話番号を教えたくない場合は、電話窓口で直接相談した方がいいと思います。

スタッフさんの対応とかも分かりますしね。

 

 

新宿メンズサポートクリニックが合う人・合わない人

最後に新宿メンズサポートクリニックが「合う人」と「合わない人」をまとめました。

 

新宿メンズサポートクリニックがおすすめな人

  • クランプ式でもいいので、格安で手術を受けたい人
  • 安心感・信頼感を重視する人

 

新宿メンズサポートクリニックに向かない人

  • 新宿・横浜から遠い地域に住んでいる人

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事