包茎は本当に治すべきなのか?

包茎を治すべきかどうかは、まず自分がどのタイプの包茎か確認してから、なぜ治したいと思うのか理由を明確にする必要があります。

 

 

2ステップであなたの状態をチェック

 

ステップ1 包茎の種類をチェック

まずは自分が仮性包茎なのか、真性包茎なのか、カントン包茎なのか、確認をしてください。

 

 

確認して、もし自分が真性、カントン包茎であれば、問答無用で手術を薦めます。理由は上記のページでも書いていますが、セックスがむずかしい場合が多く、相手の女性にも迷惑をかけます。

 

清潔にできないというのは、何かと問題を引き起こしますので、早いうちに治療するようにしましょう。

 

ステップ2治したいと思う理由を明確にする(仮性包茎の場合)

もし、あなたが仮性包茎だった場合は、必ずしも手術をする必要はありません。ですので、治療をしたいと思う理由を明確にする必要があります。

 

包茎を治したいと思うのには、

  • 早漏気味だから

  • 臭いがあるから

  • 病気になりやすいから

  • 女の子に嫌われるから

  • 包茎自体がコンプレックスだから

etc……
 

などなど、いろいろな理由があると思いますが、あなたの場合は何が原因でしょうか?

 

リョータロー
「理由によって、手術するべきかどうかが違ってきますので、よく考えてみてください。」

 

 

包茎の「機能的なデメリット」と「精神的なデメリット」とは?

ちなみにこの理由というのは、大きく分けて、2種類のデメリットに分けることができます。

 

機能的なデメリット

これは包茎であるがゆえに発生する機能的なデメリットです。

 

たとえば、

  • 臭いが発生しやすい、
  • 病気になりやすい、
  • 早漏になりやすい

などですね。

精神的なデメリット

こちらは、直接的なデメリットはないのですが、精神的にマイナスになるデメリットです。

 

たとえば、

  • 単純に「包茎であることがイヤ」というコンプレックス
  • 女性からの拒否反応

などですね。

 

 

「機能的なデメリット」

まず「機能的なデメリット」から話していきます。

 

【機能的デメリット1】臭いと病気

機能的なデメリットでよく聞くのは、病気になりやすい、臭いがくさいなどで、包茎手術を取り扱う病院では、決まり文句のように使われています。

 

ただ、この点に関しては、正直、自分で清潔にしていればいいので、手術の必要性は低いです。

もしこれが一番の理由というなら、リョータロー的には、手術を薦めませんし、毎日ちゃんとお風呂に入って、キレイにしてくれとアドバイスします。

 

 

実際、ちゃんと洗っていないムケチンよりも、毎日きちんと洗っている仮性包茎の方が清潔ですし、病気にもなりにくいはずです。

 

病院では患者を増やしたいので、「病気になりやすい」などと、いたずらに煽ったりしますが、気にしなくてOKです。

ちゃんとケアしていれば、剥けている人と変わりありません。

補足
※もちろん、「どっちがより病気になりにくいのか?」と言われれば剥けている方です。
被っていると常に清潔にしていないとダメですし、汚れが溜まりやすいのは事実です。
ただ、これだけのために手術をする必要性は薄いということです。

 

【機能的デメリット2】早漏

続いて、もう1つのデメリット「早漏」について。

 

正直、こちらに関しては、早漏の改善が見込める場合があるので、「どうしても早漏を改善したい」と思うなら、手術も選択肢の1つです。

 

 

リョータロー
「リョータローも包茎手術を受けた理由の1つでした。」

実際、手術後はある程度、早漏を改善することができました。

 

 

ただ、必ずしも早漏が治るわけではありませんので、その点は注意です。

あくまで亀頭が普段から擦れて、刺激に強くなり、感覚が強くなるだけですので、極度の早漏の場合は、完治までいかない可能性があります(マシにはなると思いますが…)。

 

 

また、仮性包茎でも皮の長さが多く、セックス中も被っていることが多いタイプだと、刺激から守ってくれていた皮がなくなるので、逆に早漏になる場合もあります。

 

下記ページで詳しく解説をしていますので、一度チェックしてみてください。

 

早漏の原因については包茎だけでなく、他の要素もあります。

合わせて、こちらもご覧ください。

 

「精神的なデメリット」

精神的なデメリットは、

  • あなた自身「包茎であることがイヤ」というコンプレックス
  • 女性からの拒否反応

と説明をしましたが、どちらも要は包茎に対するネガティブイメージによるものです。

 

リョータロー
「あなた自身が思うか、相手の女性が思うかの違いです。」

 

 

自分が包茎にネガティブなイメージがあれば、治したいと思うのは当然ですし、自分はそれほどでなくても、「女性に嫌がれる」から治しておきたいと思うのもわかります。

この精神的なデメリットは正直気持ちの問題で、物理的なデメリットはありません。

 

 

リョータロー
「ただ、イヤなものイヤですよね?」

 

いくら

「仮性包茎は洗っていれば、問題ないです」

と言われても、コンプレックスを感じてずっと悩んでしまうなら、精神衛生上、手術をしてしまった方がいいと思います。

 

 

何を隠そうリョータローが手術を決断した一番の理由はコレです。

リョータロー
「やはり、どうしても『包茎』というのがイヤだったんです。」

 

 

しかも、この精神的なデメリットは、他の対処法がありません。

 

  • 病気や臭いが気になるなら、ちゃんと洗う
  • 早漏がイヤなら、早漏対策グッズを使う

など、一応対処法がありますが、精神的なデメリットは気持ちの問題なので、自分で克服するしかないわけです。

 

 

ですので、

「オレは包茎でも、別に気にしないし、女の子に対しても積極的にいける」

という自信があれば、全然手術を受ける必要はありませんし、どうしても気になるなら、思い切って受けた方が、精神的にいいと思います。

 

 

手術するかどうかの判断は?

まとめると次のようになります。

真性包茎 手術すべき
カントン包茎 手術すべき
仮性包茎 自分が治したい理由によって決める

 

 

リョータロー
「仮性包茎なら、自分が『なぜ包茎が嫌なのか?』を改めて考えてみてください。」

その答えが見つかったとき、手術を受けるべきかどうか、わかると思います!

 

 

もし、いろいろ悩んで結論が出せないのであれば、リョータローにいつでも相談してみてください。

包茎手術経験者としてアドバイスさせていただきます。

 リョータローに相談してみる

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事