【一覧表あり】各病院に手術方式・詳細を細かく聞いてみた

下記の記事で、傷跡が目立たないクリニックを探す方法がわかったと思います。

 

「じゃあ、記事の内容に沿ってクリニックをチェックしていけば、いいんだな」

 

と思うかもしれません。

 

しかし、実際に各クリニックについて調べようとすると、なかなか上手くいかないことがあります。

 

 

聞いてもクリニックが教えてくれない

なぜ上手くいかないことがあるかというと、

上記記事で紹介したポイントについて、メール相談・電話相談でクリニックに聞いても、教えてくれない場合があるからです。

 

「亀頭から何ミリくらいのところを切りますか?」

「縫合は連続縫合ですか?」

などと聞いても、

ドクター
「ペニスの状態によるので、いちがいには言えません」

などと、言われてしまうんです。

 

実際に病院にメール・電話相談してみたら……

今回、実際に大手のクリニックに上記に関する質問をメール・電話相談してみました(ホームページに掲載されている情報など、一部項目は無料相談では聞かず、そのまま掲載してあります)。

 

そのときの回答を表にまとめました。

上野クリニック ABCクリニック 東京ノーストクリニック 川崎中央クリニック
デザイン
傷口の位置
亀頭直下 亀頭直下 亀頭直下 亀頭直下
包皮小帯 残せる 残せる 残せる 残せる
切開方法 切る位置 亀頭から3~5mm ペニスの状態によって変わる 亀頭から5mm 亀頭から3~5mm
メス 金属メス ペニスの状態によって変わる 金属メス 金属メス
縫合方法 縫合の仕方 ペニスの状態によって変わる ペニスの状態によって変わる 連続・結節縫合を併用 連続縫合(小帯部位は結節縫合)
針の数 できるだけ細かく縫う ペニスの状態によって変わる 20~25針 30~40針
糸のタイプ 患者が選択できる ペニスの状態によって変わる 吸収糸 患者が選択できる
糸の細さ 可能な限り細い糸 ペニスの状態によって変わる 0.1mm 0.08mm
症例写真 ない(イラストを見せる) ある ない ある
顔出し している していない していない している
補足1
上記の回答は、あくまで目安として考えてください。
患部によっては切る位置が「3~5mm」では切れなかったり、包皮小帯も残せない場合もあります。
また、同じクリニックでも、各支店(東京と大阪)などで対応が変わる場合があります。
あくまで、当サイトが問合せをしたときの回答ということで、目安としてお考えください。
補足2
「止血方法」など、確認する基準となるものがない項目は、今回質問していません。

 

見てのとおり、患部を見ないと回答できない場合も多く、メール・電話相談だと「ペニスの状態による」「できるだけ~」のような回答がありました。

 

 

【対策】「状態による」という回答には、どうする?

それでは、「ペニスの状態による」「できるだけ~」など、明確な回答が得られない場合はどうすればいいでしょうか?

 

1. 聞き方を変える

まず、おすすめなのが、

リョータロー
「『平均的』な話でいいので、亀頭からだいたいた何ミリくらいのところを切るんですか?」

などのように、「平均的」「目安」という言葉を使って聞いてみてください。

これでざっくりですが、目安として教えてくれたりします。

 

 

ただ、それでも病院によっては、答えてくれないところもあります。

特に、メール・電話などの無料相談を「来院誘導(病院へ来てもらうための営業)」のためのツールとして使っている病院は、まず答えてくれません。

 

ドクター
「状態を見ないと返答できませんので、まずは来院してください」

など、誘導されます。

※来院誘導がひどいところだと、「メスは金属ですか? 電気ですか?」なんていう簡単な質問にも、上記の返答で来院を誘導したりします。

 

来院誘導があまりにしつこいクリニックは、実際に来院すると、さらに営業圧力が強いことが多いので、注意しましょう。

 

2. 聞けない部分はカウンセリングで聞く

上記の聞き方でも、ペニスの状態によって処置が変わる質問は、メールや電話では答えてくれないことがあります。

その場合は、やはりカウンセリングに行って、直接診断してもらって回答を聞くのが一番です。

(ただし、どんな質問でも来院誘導してくるような病院は、そもそもカウンセリングにも行かない方がいいです)

 

 

カウンセリングであれば、ペニスを見てもらった上で質問することになるので、基本的に上記の質問には答えてくれるはずです。

カウンセリング時にも、今回のチェックポイントは役に立ちますので、メモなどを用意して、カウンセリングに臨みましょう。

 

もし、カウンセリングでも、きちんと答えてくれない場合は要注意ですね。

 

 

見栄えを重視の方におすすめのクリニックはここ!

これまで、病院選びの具体的なポイントをお伝えしてきました。

 

でも、

「自分でいちいち確認するのは面倒くさい。

手っとり早く見栄えがいい手術をしてくれる病院を教えてほしい!」

という方もいると思います。

 

そこで、当サイトがこれまで行ってきた取材・調査、そして独自に調べてきた情報などをもとに、上記の基準を照らし合わせ、おすすめのクリニックを紹介します。

補足
ただし、あくまでザックリとしたおすすめです。
可能な場合は、あなた自身でできるだけこのホームページに載っている方法で、よいクリニックを見つけ出してください。

 

 

コスパなどは度外視し、あくまで術後のキレイさを重視した場合ですが、下記のクリニックになります。

 

◆ 上野クリニック

ネットなどでも、上野クリニックの手術クオリティーの高さは評判になっているので、ご存じの方も多いと思います。

 

実際、上野クリニックがウリにしている「複合曲線作図法」は、他院と比べても自然な仕上がりと評判です。

手術時間も1時間近くかけていて、丁寧に行っているのがわかります。

縫合なども細かくやれば、当然時間がかかりますからね。

 

 

また、以前まで上野クリニックは医師の顔出し、名前出しをしていなかったのですが、最近一部ですが顔出しするようになり、名前出しも各院行いはじめました。

治療責任者が顔と名前を出している。
参照 : 上野クリニック公式HPより

 

 

「切開方法」「縫合方法」「顔出し・名前出し」も基準を満たしており、見栄えを重視する場合には、おすすめできるクリニックです。

しいて難点をいえば、症例写真が見られないことくらいですね。

 

【上野クリニック】公式ホームページ

 

◆ 中央クリニック

中央クリニックも、手術のクオリティが高いと評判です。

上野クリニックと同じく、老舗で有名なクリニックですね。

 

ですので、ドクターの実績も豊富で、美容整形なども行う美容外科なので、その技術が包茎手術にも活かされています。

 

 

また、顔出し・名前出しについては、結構前から行っているグループで、その点でも信頼度が高いと言えます。

 

ただ、中央クリニックは全国展開していますが、各院での独立色が強く、それぞれの院によって対応、処置方法が違うことがあります。

手術料金も各院で違っていたりします。

 

そのため、自分が受ける院の場合は、どういう術式でどのように手術をしてくれるか、よりしっかり確認する必要があります。

 

◆ 主要な中央クリニック各院

 「西新宿杉江中央クリニック」公式ホームページ

 「川崎中央クリニック」公式ホームページ

 「静岡中央クリニック」公式ホームページ

 「名古屋中央クリニック」公式ホームページ

 「鹿児島三井中央クリニック」公式ホームページ

補足
上記は、あくまで各クリニック全体の情報や評価をもとに選定しています。

同じクリニックでも受ける各院やドクターによって、多少対応は変わってきますし、あなたのペニスの状態によっても術式等が変わってきます。
あくまで参考の一つとして見てください。
(地域によっては、他の病院の方がいいドクターがいたりして、見栄えがいい手術を受けられたりすることもありますので)。

実際に病院を選ぶ時は、あなたが手術を検討している病院に、下記記事にある5つのポイントを確認して、決めるようにしてください。

 

 

今回のまとめ

最後に今日のまとめを行います。

 

クリニックが教えてくれない場合の対策

クリニックに問い合わせても、回答を得られないときは、次の方法を試してみてください。

  1. 「平均的」「目安」という言葉を使うなど、聞き方を変える

  2. 聞けない部分はカウンセリングで聞く

 

 

見栄えを重視する人におすすめのクリニック

傷痕を目立たさせないことを重視するなら、次のクリニックがおすすめです。

 

上野クリニック

「複合曲線作図法」などの技術を使いながら、手術時間も1時間としっかり丁寧に行う病院。

上野クリニック公式ホームページ

 

中央クリニック

老舗で手術の見栄えに定評のある病院。顔出し・名前出しも前から行っており信頼性がある。

◆ 主要な中央クリニック各院

 「西新宿杉江中央クリニック」公式ホームページ

 「川崎中央クリニック」公式ホームページ

 「静岡中央クリニック」公式ホームページ

 「名古屋中央クリニック」公式ホームページ

 「鹿児島三井中央クリニック」公式ホームページ

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事