手術の傷痕を残さない「縫合」とは? チェックするべき5つのポイント

包茎手術で、包皮を切ったあとの「縫合」は、見栄えよくする上で、とても重要なポイントと言われます。

 

しかし、

どういう縫合をすれば、傷痕が目立たないの?

病院を選ぶ際、縫合方法で確認するべき個所はどこなの?

と、悩んでいたりしませんか?

 

そこで、今回は包茎手術の中でも、「縫合」という処置に絞って、解説をしていきます。

これを読めば、

リョータロー
「傷痕をできるだけ目立たなくして、見栄えをよくするためには、どのように傷口を縫っていければいいか」

ということがわかります。

 

※下記記事では傷痕が目立つ原因について解説しています。

 

 

見栄えをよくする縫合のポイントは5つ

 

まず、最初に縫合で大事なポイントをお伝えします。

それは下記の5点になります。

  1. 縫うときの力加減(テンション)

  2. 使用する糸の種類

  3. 連続縫合か、結節縫合か

  4. 縫う針の数

  5. 針を入れるの位置

 

それでは、1つずつ説明していきますね。

 

【ポイント1】縫うときの力加減(テンション)

包茎手術ではあまり話にあがりませんが、縫合でどのくらいの力加減で縫っていくかは、重要なポイントです。

力が強すぎたり、弱すぎたりすると、術後の仕上がりに影響が出ます。

 

この力加減のことを「テンション」といいますが、どのくらいがいいのかとざっくり言うと、

ドクター
「傷口が開かない範囲で、一番弱いテンション

です。

 

傷口を開かせないためには、できるだけ強く縫った方がいいのは当然です。

しっかり傷口が固定できて、ズレたりしないですからね。

 

 

しかし、強いテンションで縫ってしまうと、そのぶん傷口に力がかかりすぎて、しわが寄ったりします。

結果的に傷痕が目立ってしまいます。

 

そのため、「傷口が開かない強さ」で縫うことは大事ですが、その範囲内だったら、「できるだけ弱く、軽いテンション」で縫ってあげることが大事なんです。

 

 

ただし、ペニスの状態などによって、最適なテンションは異なります。

ドクターの技量の差が出る部分と言えます。

 

【ポイント2】使用する糸の種類

傷口を縫う糸、つまり縫合糸(ほうごうし)は、素材、形状などいろいろな種類があります。

ただ、見栄えを考える上で大事なのは、次の2つです。

  1. 糸の太さ

  2. 溶ける糸か、溶けない糸か(吸収糸か、非吸収糸か)

 

1つずつ説明していきますね。

 

1. 糸の太さ

まず、糸の太さですが、これはできるだけ細い糸の方が、傷痕がキレイになります。

糸の太さは、米国薬局方(United States Pharmacopeia: USP)で基準があります。

サイズ 糸の最小直径(mm) 糸の最大直径(mm)
11-0 0.010 0.019
10-0 0.020 0.029
9-0 0.030 0.039
8-0 0.040 0.049
7-0 0.050 0.069
6-0 0.070 0.099
5-0 0.100 0.149
4-0 0.150 0.199
3-0 0.200 0.249
2-0 0.300 0.339
0(1-0) 0.350 0.399
1 0.400 0.499

 

糸が太いと、抜糸後にそのぶん糸の痕が大きく残るので、どうしても見栄えが悪くなります。

糸が細ければ、糸の痕も小さくなるので、見栄えはキレイになります。

 

 

ただし、糸が細ければ細いほど張力が弱くなり、糸が切れる要因にもなります。

そのため、「あくまで糸が切れるような問題が起きなければ、糸が細い方がいい」ということで、単純に細ければ細いほどいいわけではありません。

 

ただ、病院を選ぶ際は基準の1つにはなるので、糸の太さも確認した方がいいかもしれません。その際は上記の表を参考にするといいでしょう。

 

2. 溶ける糸か、溶けない糸か(吸収糸か、非吸収糸か)

次のポイントは、「溶ける糸か、溶けない糸か」ということです。

溶ける糸 数週間後、糸が自然に溶け、抜糸の必要がない
溶けない糸 数週間後、抜糸をするために再度病院に行く必要がある

 

◆ 溶ける糸(吸収糸)

抜糸の必要がないので、手間がかからないのがメリットです。

しかし、見栄えの面ではデメリットがあります。

 

 

1つは、溶けてしまうので、ドクターが縫合の際、溶けない糸を使うときよりも、より強いテンションで縫ってしまいがちということです。

経験の豊富なドクターであれば、それほど問題はありませんが、経験が浅い場合、「溶ける」という意識があると、自然とテンションが強くなったりします。

 

上述したとおり、縫合は適切な力加減(テンション)で縫うことが大事です。

強いテンションだと、見栄えにも影響が出たりしますので、抑えておきたいポイントです。

 

 

また、 溶ける糸は、溶ける過程で炎症が起こる場合があります。

必ず炎症が起きるわけではありませんが、溶ける糸は分解されて体内に吸収される仕組みなので、100%炎症が起きないとは限りません。

 

命に影響が出るほど大きな炎症になることはないでしょうが、多少でも炎症が出た場合、少なからず傷痕に影響が出る可能性あります。

 

◆ 溶けない糸(非吸収糸)

溶けない糸の場合、傷口がふさがったあと、抜糸をする必要があります。

(ずっと残しておくと、糸の穴がふさがらず、見栄えが悪くなります)

 

手間はかかりますが、見栄えを考えると、メリットが大きい糸です。

溶ける心配がないので、ドクターも躊躇なく、弱いテンションが縫うことができます。

 

また、体内に吸収されたりしないので、炎症が起こる心配なども少なくなります。

 

 

以上を踏まえ、手術で使う糸は、「細く、溶けない(非吸収)糸」がいいわけです。

糸の太さ 溶けるか溶けないか
傷痕が目立たない 細い 溶けない糸
傷痕が目立つ 太い 溶ける糸

 

【ポイント3】連続縫合か、結節縫合か

包茎手術の縫合の仕方には、大きく2つの方法があります。

 

それが、「連続縫合」と「結節縫合」です。

 

連続縫合

1本の糸で、傷口を縫う方法です。

短い時間で縫合ができますが、仕上がりの面では様々なデメリットがあります。

 

まず、1本の糸ですべてを縫っていますので、もし一カ所切れてしまうと、全体の縫合がゆるみ、しっかり傷口がくっつかなくなります。

そのため、傷口がズレたりして、見栄えが悪くなることもあります。

 

 

また、一カ所ごとに適切な強さで縫えないというデメリットがあります。

上述したとおり、縫合は傷口が開かない範囲内で、できるだけ弱く縫った方がキレイに仕上がります。

 

しかし、1本の糸で縫ってしまうと、縫う個所ごとに強さを細かく分けて縫うことができません。

そのため、見栄えも悪くなってしまうわけです。

 

結節縫合

結節縫合は、縫う個所ごとに糸を切って、分ける方法です。

一カ所縫ったら糸を切って、となりの個所を縫うときはまた新しい糸で縫い直します。

 

もし、20針縫うとしたら、糸も20本に分けて、行うということです。

(上の「連続縫合」は、20針でも30針でも、糸は1本で行う)。

 

 

ドクター
結節縫合は、一カ所ごとに糸を変えるので、手間もかかり、時間もかかります。

 

その代わり、連続縫合のデメリットをカバーしてくれます。

たとえ、一カ所の糸が切れたとしても、結節縫合なら、ほかの個所はしっかりくっついたままなので、見栄えの上ではほとんど影響が出ません。

 

 

また、一カ所ごとに縫えるので、各縫い個所ごとに、もっとも適切な強さで縫うことができます。

これは傷口を目立たせなくする上でも重要なポイントです。

 

 

このように、縫合には2つの方法があります。

説明したとおり、見栄えを重視するなら、「連続縫合」ではなく、「結節縫合」で行わなければなりません。

 

料金が安いクリニックは手間を省くため、連続縫合をおこなっているところも多いので、確認しておくことが大事です。

 

【ポイント4】縫う針の数

次のポイントは「縫う針の数」です。

つまり、「切開した個所を何針で縫うか?」です。

 

ペニスの大きさによって、縫う針の数は変わってきますが、条件が同じなら基本的に針の数は多い方がいいです。

なぜかと言うと、縫った個所に力が加わったとき、その負担が小さくなるからです。

 

術後、日常生活をしていると、直接ペニスに触れたりしなくても、少なからず傷口に力が加わったりします。

(そもそも普通に立っているだけでも、重力で引っ張られますし、歩いたりしたら、遠心力などの力も働きます)

 

 

そして、力が傷口に加わったとき、より多くの個所を縫っていれば、縫った個所にかかる負担もそのぶん分散できます。

縫った数が少なければ、一カ所にかかる負担はそのぶん大きくなり、傷口がズレたりして見栄えに影響が出るわけです。

 

 

たとえば、傷口に1kgの力が加わったとき、10針しか縫っていなかったら、一カ所にかかる負担は100gずつになります。

 

しかし、20針縫っていたら、一カ所あたり50gずつで済みます。

かかる力が弱い分、傷への影響も減らせるわけです。

 

一般に見栄えを重視しない泌尿器科の包茎手術では、15~20針くらいで縫うのが平均とされています。

見栄えを重視する美容外科であれば、20針以上で縫うところが多いですし、なかには30針以上と細かく縫っているクリニックもあります。

細かく縫い過ぎると?
「細かく縫った方がキレイになる」と言いましたが、それもやりすぎると、逆に見栄えが悪くなる場合もあります。

 

あまり、細かく縫いすぎると皮膚の血流を阻害してしまうからです。
そのぶん治りが遅くなり、見栄えも悪くなる可能性があります。

 

細かく縫った方がよいはよいですが、やりすぎると逆効果になることも覚えておきましょう。

 

【ポイント5】針を入れる位置

最後のポイントは、針を入れる位置になります。

大事なのは、「針を入れる位置」と「傷口」までの距離です。

 

通常、傷口から離れた位置から針を入れていけば、確実にしっかりと縫うことができます。

ただ、傷口から離れていると、日常生活を送っているうち、傷口同士がずれたり、よれたりしやすくなります。

その結果、傷跡が目立ちやすくなるわけです。

傷口から針が入る距離で見栄えが変わる

 

 

そのため縫合するときは、できるだけ傷口付近から針を入れて縫うことが重要です。

距離が短ければ、傷口同士がしっかり合い、普段生活をしているときもズレにくくなります。

その結果、術後の傷跡も自然に見えるわけです。

 

 

縫合についてのまとめ

それでは、最後にこれまでの内容を表でまとめます。

 

見栄えがいい 見栄えが悪い
縫う力加減 弱い(解けない範囲内で) 強い
縫う糸 細い 太い
縫合方法 結節縫合 連続縫合
縫う針の数 多い 少ない
針の位置
傷口に近い 傷口から遠い

※上述したとおり、どれもやりすぎは逆効果です。ペニスの状態に合わせて適切な処置は変わってきます。

 

 

以上が、傷痕を目立たせない手術をするためのポイントになります。

 

今回の内容はあくまで見た目を重視する場合での縫合方法です。

そのため、吸収糸が絶対ダメとか、連続縫合がまずいというわけではありません。

 

 

コスパなどを考えたら、むしろアリだったりしますので、

リョータロー
「自分は何を最重要視するのかを決めて、手術方法を検討していくことが大事です。」

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事