8184人調査で早漏の基準判明 「実際の挿入時間」と「女性の希望時間」

男だったら誰でも、

「AVとか見ていると、俺って早漏じゃないかな……?」

「何分もてば、女の子は満足してくれるんだろう?」

「他の人よりも、オレは早いのかもしれない……」

など、セックスの挿入時間に関する悩みや疑問を感じたことがあると思います。

 

リョータローも以前から言ってるとおり、もともと3分くらいしか持たない早漏でした。

(いまでも若干早めかもしれませんが、包茎手術などいろいろな早漏対策を試して、今ではある程度マシになりました)

 

 

当時はやっぱり同じように、

リョータロー
「オレって、すぐイキそうになるし、早漏なのかなあ?」

とよく悩んでいました。

 

ただ、「どれくらいもたないと早漏か」という基準がわからなかったので、

リョータロー
「そもそも、早漏かどうかわからない」

リョータロー
「早漏だとしても、人よりもどれくらい早いのかわからない」

 

 

という感じでした。

 

人によっては、

「5分もてば大丈夫」

という人もいれば、

「10分はもってくれないと、満足しない」

という女の子もいると思います。

 

 

また、女の子からの意見だけでなく、医学的な見地からも、どれくらい早いと早漏なのかそういった基準がなかなかわかりづらいですよね?

もしかしたら、あなたは自分が思っているだけで、そんなに早漏ではないのかもしれません。

 

ということで、今日は早漏の基準について、徹底的に調べてみました。

早漏に関するアンケートや調査データというのはいろいろありますが、それぞれ数値がバラバラなので、今回はそのデータをそれぞれ集めて紹介したいと思います。

 

 

また、紹介するデータは、次の3つに分類してお伝えします。

  1. 医学的な早漏の挿入時間
  2. 実際の挿入時間
  3. 女性の希望挿入時間

 

1番は、「医学的」に定義された早漏の挿入時間です。

「どういった状態が早漏に当たるのか」というお医者さんたちが決めた数値・定義、ということですね。

 

2番は、「実際の挿入時間」ということで、アンケートで回答を得られた実際の挿入時間のデータです。

今回は総回答数8184名によるデータから、実際の挿入時間を算出しています。

 

3番は、女性に聞いた「希望の挿入時間」です。

いくら自分が実際の挿入時間の平均時間を超えていたとしても、女性の希望する時間に達していなかったらやっぱり不安ですよね?

ですので、このデータも調べてみました。

今回は、総回答数7065名によるデータから、希望の挿入時間を算出しています。

 

ぶっちゃけリョータローも、今回収集したデータの中で、1番気になっていたのは、やはり3番の女性の希望挿入時間でした。

 

リョータロー
「やっぱり男としては、女性を満足させたいという気持ちがあるので、女性の希望というのは知りたいですよね?」

 

 

それでは、1つずつ紹介していきましょう。

補足
今回はさまざまな調査データを載せているため、記事量が多くなっています。
各データから算出された「実際の挿入時間」「希望の挿入時間」の平均を先に知りたい方は、下記のリンクから最後の結論をご覧ください。

各データから算出された「実際の挿入時間」は?

各データから算出された「希望の挿入時間」は?

 

 

医学的な早漏とは、「挿入時間が何分以内?」

早漏は、医学的に射精障害の1つと言われています。

実はこれまでに、いろいろなレポートやガイドラインなどで、早漏の定義というのはいろいろありました。

まずは、その医学的な基準をチェックしてみましょう。

 

さまざまな医学的定義・レポート

主だったものを紹介していきます。

 

「膣内挿入中、性交の少なくとも50%でパートナーを満足させるために十分な時間、射精を制御できない場合」

『Masters and Johnson(1970)』

 

「適切な性交時間とは、二人が相互に満足できる時間の長さ」

『キンゼイリポート翻訳版(1991)』

 

「両方のパートナーが性的関係を楽しむために十分な射精コントロールができないこと、または性交に十分な勃起がない状態での射精のいずれかに定義される。」

『WHO-疾病の国際統計分類第10版(1994)』

 

「膣挿入前に十分な長さの時間、射精を制御することができない」

『欧州泌尿器科学会の射精障害ガイドライン(2001)』

 

「男性が自主的に意識的な射精制御、または射精に最も適した時間を選択する能力を持っていない」

『Mets and Mc-Carthy(2003)』

 

「最小限の刺激で挿入前、挿入時、挿入直後、人が望む前に射精することが持続または再発する。その上、ほとんどあるいはまったく自分で射精をコントロールできない。」

『International Consultation on Urological Diseases(2003)』

 

「Exact stopwatch time assessment of IELT in a multinational study led us to propose that all men with an IELT of less than 1 minute (belonging to the 0.5 percentile) have “definite” premature ejaculation, while men with IELTs between 1 and 1.5 minutes (between 0.5 and 2.5 percentile) have “probable” premature ejaculation.

(「膣内射精1分未満の男性は、”明確な”早漏。1~1.5分の男性は、”おそらく”早漏と定義されることを提案した。)」

『Proposal for a definition of lifelong premature ejaculation based on epidemiological stopwatch data.(Waldinger他 2005)』

 

 

国際性医学会議(ISSM) 2008年

上記のようにいろいろな基準がありましたが、最終的に早漏の定義として定められたのが、2008年の第103回米国泌尿器科学会年次総会で発表されたものになります。

 

2007年10月より国際性医学会議(ISSM)で定義の検討が開始されたのですが、最終的に2008年5月の米国泌尿器学会(AUA)で、「早漏」とは「毎回またはほぼ毎回、女性器への挿入後1分以内に射精、もしくは挿入前に射精してしまうこと」と定義されました。

 

つまり、現在医学的に「早漏」は、「挿入後1分持たない場合」を指すわけです。

 

 

リョータロー
「リョータロー的には、正直、『1分』というのはかなり甘い基準な感じがしました。」

 

 

実際、リョータローはむかし3分くらいでしたが、やはり早漏だと思っていましたし、相手の子にも「早い」と言われたことはあるので、正直意外でした。

 

医学的という意味での早漏なので、治療が必要なほどのレベルという意味での定義なのかもしれません。

 

 

「実際の挿入時間」を調べたアンケートデータ

続いては、実際の挿入時間を調べたアンケートデータです。

 

女性を対象とした「よりよい性生活」に関する意識調査(永尾光一) 2007年

こちらは、東洋大学医学部教授の永尾光一氏の調査です。

なんと、5,665名を対象にしたアンケートデータで、対象者に「あなたのパートナーとの性生活において、挿入している時間(およそ)について現状と希望をお聞かせください。」と聞いています。

 

その結果ですが、現状の挿入時間の平均値は「約12分間」ほどでした。

ただし、中央値は「10分」でしたので、極端に時間が長い回答者が平均値を上げたようです。

 

 

リョータロー
「それでも、リョータロー的には思った以上に長くてビビりました。」

 

ただ、東洋大学の教授の調査データで、データの数も5,000を超えており、信頼性は高いと思われます。

 

対象者 平均挿入時間
5,665名 約12分

 

『anan』女性読者1070人アンケート 2009年

続いては、『anan』が2009年に行なった、若い女性を対象にしたアンケートです。

1,070人の女性読者に対して、セックスの挿入時間を聞いています。

 

アンケート結果は下記のとおりです。

「anan」の女性読者1,070人を対象にしたアンケート(2009)

 

 

平均挿入時間は「13.3分」でした。

また、「5分~10分」がボリュームゾーンで、4割以上います。

前出の東洋大学の調査データよりも、時間はちょっと長めですね。

 

2番目のボリュームゾーンも「10分~20分」なので、やはり早漏にはちょっと厳しい結果かなと思いました。

 

対象者 平均挿入時間
1,070名 13.3分
補足
「平均挿入時間」はアンケートデータから、当サイトが簡易的計算によって算出しました。

 

「ラブリサーチ」307名アンケート 2009年

続いて、ラブリサーチというサイトが行った、「セックスの時の平均挿入時間は?」というアンケート結果です。

2009年に行われた調査で、307名が回答しています。

 

その結果が下記です。

 

 

平均挿入時間は「15.1分」でした。

こちらは、ananの調査データとは逆で、「10分~20分」が1番多い層になっていて、2番目に多いのが「5分~10分」となっています。

 

300名ちょっとと、人数はやや少ないですが、結局「5分~20分」あたりが1番多いのかもしれませんね。

 

対象者 平均挿入時間
307名 15.1分
補足
「平均挿入時間」はアンケートデータから、当サイトが簡易的計算によって算出しました。

 

Durex社 セクシャル・ウェルビーイング・サーベイ 2006年

このアンケートは、大手コンドームメーカーの「Durex社」が行った調査結果です。

 

世界26カ国で26,032人(うち日本人は1,090人)を対象にしたアンケートなので、信憑性も比較的高いと言えます。

2006年に行われたデータで、インターネット調査になっています。

 

 

調査結果は下記のとおりです。

『Durex社インターネット調査(2006)』

 

日本人の挿入時間は、ちょうど「16分」となっています。

他のデータと比べても、やや挿入時間は長い結果となっていますが、世界的に見ると日本人って早いみたいですね、汗

 

 

ナイジェリアの「24分」なんて、リョータローからしたら神です。

リョータロー
「リョータローだったら、24分やっている間に3発は発射してしまうと思いますwww」

 

対象者 平均挿入時間
1,090名 16分

 

オーストラリア 500人計測データ(Brendan Zietsch) 2016年

オーストラリア・クィーンズランド大学の心理学者Brendan Zietsch教授が行った調査です。

 

500人の男性を対象に、挿入時間を計測したデータを発表しました。

参加者は挿入時に、ストップウォッチのスタートを押し、発射時にストップを押して計測しました。

 

 

結果は驚きでしたが、最短で「33秒」、最長で「44分」でした。

約80倍の差もありますねー。

 

そして、平均時間はなんと「5分24秒(5.4分)」でした。

「The average time for each couple (that is, averaged across all the times they had sex) ranged from 33 seconds to 44 minutes. That’s an 80-fold difference. (中略)The average (median, technically) across all couples, though, was 5.4 minutes. 」

 

 

前出のDurex社はもちろんですが、ほかと比べてもかなり短いですし、かなり意外な結果です。

リョータロー
「この基準なら、リョータローは、もはや『遅漏』です!www」

 

対象者 平均挿入時間
500名 5.4分

 

『Tarzan』男性対象アンケート

男性向けの筋トレ・体づくり雑誌『Tarzan(ターザン)』でも、早漏のアンケートがありました。

こちらは10代~50代の男性152人が対象で、平均年齢は31.2歳でした。

 

 

そして、挿入から射精までの平均時間は、「14分12秒」でした。

リョータロー
「こちらも、やや他のデータよりも時間が長めですが、男性を対象にしたアンケートだったので、もしかしたら自分自身で盛っている男性もいたのもしれませんねwww」

 

対象者 平均挿入時間
152名 14.2分

 

手指による射精時間の研究(亀屋譲) 1997年

こちらはセックスの挿入時間ではなく、いわゆる手コキの持続時間の調査です。

 

20歳の男性を対象に、女性が手でペニスに刺激を与えて、どのくらいの時間で射精をするか計測した実験がありました。

 

結果は、平均「2分36秒05(156.5±80.7秒)」だったそうです。

「Ejaculation experiments were performed with informed and consenting healthy volunteers about 20 years of age, using identical manual stimulation by the same woman, and ejaculation time was measured. The mean +/- standard deviation for the ejaculation time was 156.5 +/- 80.7 seconds
(射精実験は、同じ女性による同一の手動刺激を用いて、約20歳のインフォームドコンセント同意を得た健康な志願者を用いて行い、射精時間を測定した。射精時間の平均±標準偏差は156.5±80.7秒であった)」

 

 

なお、この実験については、上記の引用元には記載がありませんでしたが、他のサイトなどで、下記のような追加情報もありました。

信頼性は確保できませんが、複数のサイトで掲載されていたため、念のため紹介します。

  • 対象者は18歳~25歳の健康男性29名
  • 29名とも1人の女性が対応して、時間を計測
  • 射精時間の最短は「1分16秒」、最長は「3分57秒」

 

 

いずれにしろ、この実験ではかなり時間が早いですね。

平均の射精時間が「2分36秒」ですし、最長記録でも「3分57秒」です。

 

 

リョータロー的には、安心できる結果ですが、もしかしたら実験を行った女性がめちゃくちゃテクのある子だったのかもしれませんね。なので……、

リョータロー
「リョータローも実験に参加してみたかった!www」

 

対象者 平均挿入時間
29名 2.6分

 

 

「女性の希望挿入時間」を調べたアンケートデータ

次は、女性に聞いた希望の挿入時間についての調査データです。

 

女性を対象とした「よりよい性生活」に関する意識調査(永尾光一) 2007年

先ほど紹介した、東洋大学の調査データです。

 

「現状」の挿入時間と合わせて、「希望」の挿入時間も調査されていて、結果は「約14分」程度でした。

「現状」の挿入時間が「約12分」程度でしたので、やはりちょっと物足りないと感じている人が多いようです。

ただし、中央値では、現状の時間、希望の時間ともに「10分」で差がありませんでした。

 

 

また、「現状と希望の挿入時間の差について聞いた調査」では、今よりももっと長い時間が希望と考えている人が「37.8%」いるのに対して、もっと短くていいと回答した人は「14.4%」しかいませんでした。

同じでよいと考える人は「47.7%」いたので、多くの人は現状で満足しているみたいですが、やはり「遅漏」よりも「早漏」に不満を感じている人の方が、少し多いようですね。

「女性を対象とした「よりよい性生活」に関する意識調査(永尾光一 2007)」

 

「挿入時間(膣内挿入潜時)の現状と希望の中央値は、ともに10分であり、現状でよい44.7%、現状より長い方がよい37.8%、現状より短くしてほしい14.4%とさまざまな意見があった。」

『泌尿器外科Vol.26 No.9 1368ページ』

 

対象者 平均希望挿入時間
5,665名 約12分

 

『NEWSポストセブン』女性300人アンケート 2014年

続いては、『NEWSポストセブン』が、2014年にネットで女性300人を対象に行なったアンケートの結果です。

 

「挿入してからフィニッシュ(射精)まで、どのくらい時間をかけてほしいですか?」という質問に対しての回答が下記です。

「女性300人を対象にアンケート調査(週刊ポスト2014年1月17日号)」

 

1番多いのは、「10分~19分」の「38.3%」でした。

2番目は「5分~9分」のゾーンで「27%」でした。

やはり希望時間となると、「5分~9分」あたりのゾーンは早いと感じるのか、やや減る傾向にあります。

 

 

また、以前にも同様のアンケートを行っており、そのときよりもロングプレイを望む女性が増えたそうです。

「理想的な時間は「10~19分」が38.3%で多数。(中略) 本誌が3年前に実施したアンケート調査(3000人対象)では、「10分以下の挿入が希望」は59.7%もいた。つまり、この3年間で女性の希望が“挿入の長期化”にシフトしているといえる。」

 

対象者 平均希望挿入時間
300名 16.1分
補足
「平均挿入時間」はアンケートデータから、当サイトが簡易的計算によって算出しました。

 

『sabra』1000人アンケート

続いては、小学館の『sabra』が行ったアンケート調査です。

対象は女性1,000人で、平均年齢は24.7歳です。

 

希望の挿入時間は平均で「15分42秒(15.7分)」でした。

やはり希望の時間となると、15分あたりは超えてくるみたいですね。

 

 

ちなみに、「3分以内」でいいという極端な早漏を希望する女性は3%いる一方で、「30分以上」の挿入がいいという極端な遅漏がいいというタイプは14%もいました。

ここでもだいぶ差がありますよね。

 

対象者 平均希望挿入時間
1,000名 15.7分

 

『女子SPA』「人生最高のSEXの挿入時間は?」アンケート 2013年

2013年に、女子SPAが行った20~30代の未婚女性200人へのアンケートです。

このアンケートでは、「希望の挿入時間」という聞き方ではなく、「人生最高のセックスの挿入時間は?」という聞き方になっています。

 

ただ、「人生最高」ということは、女性が満足する数値だと思うので、ここで紹介させていただきます。

 

 

結果は下記のとおりです。

「女子SPA! 人生最高のセックスのアンケート(2013)」

 

平均時間は「14.4分」で、やはりやや長めになっています。

ただし、ボリュームゾーンは「6~10分」、「11~20分」の2つで、ほぼ36%同士で拮抗しています。

 

これは「30分以上」という長時間の挿入時間を求めている女性が一部いて、数値が引っ張れているためと考えられます。

 

 

なので、中央値でみれば、もう少し短い時間になりそうな気がします。

リョータロー
「リョータロー的にはそうであってほしいwww」

 

対象者 平均希望挿入時間
200名 14.4分

 

 

◆ 最低のセックス挿入時間は?

また、このアンケートでは、「人生最低のセックスの挿入時間」も聞いていて、その時間は「平均6.2分」となっています。

 

「14.4分」⇒「6.2分」ですから、半分にも満たないわけです。

リョータロー
「やっぱり早いと、女性に『最低のセックス』と思われる可能性が高くなるわけですね。」

 

「女子SPA! 人生最低のセックスのアンケート(2013)」

 

内訳をみても、「6~10分」の層は「人生最高」の場合とほとんど同じ35%でしたが、「1~5分」の層が「10%」⇒「44.5%」と激増しています。

一方、「11~20分」の層は「36%」⇒「7.5%」と激減しています。

 

Durex社 セクシャル・ウェルビーイング・サーベイ 2006年

こちらも、先ほど紹介したDurex社のアンケート結果です。

 

挿入時間別に、満足度を示したグラフです。

『Durex社インターネット調査(2006)』

 

 

結構衝撃ですが、「11分~20分」の挿入時間でも、満足度は「47%」で半分以下なんです。

「21分以上」になって、「56%」と初めて満足度が50%を超えてきます。

 

このアンケートは、先ほども言ったとおり、世界各国で行ってるアンケートなので、日本人だけが対象ではありません。

やはり世界的に見ると、日本人は早漏が多く、女性もそれに慣れているのかもしれませんね。

 

 

結論~各データからわかる「実際」「希望」「早漏」の挿入時間は?

各データの紹介が終わったところで、いよいよ最終結論です。

それぞれのデータを合計し、「実際の挿入時間」「希望の挿入時間」ごとに平均値を抽出し、全データを合わせた本当の時間を算出しました。

そして、そこから「一般的に早漏と判断される時間」を推測しました。

 

各データから算出された「実際の挿入時間」は?

各調査、アンケートがはじき出された実際の挿入時間は、

「13分7秒」

でした。

補足
下記の調査データから、実際の挿入時間ごとの回答者人数を乗じて算出した数字を総調査人数(8184人)で割り、算出しました。
  • 女性を対象とした「よりよい性生活」に関する意識調査(永尾光一)
  • 『anan』女性読者1070人アンケート
  • 「ラブリサーチ」307名アンケート
  • Durex社 セクシャル・ウェルビーイング・サーベイ
  • 『Tarzan』男性対象アンケート

 

※より私たちに身近で同じ条件のデータを求めるため、外国人が対象の調査・膣内挿入時間以外の(手指による)調査は外しています。

 

 

正直、思った以上に長いと思いました。

リョータロー
「平均は10分前後かなと思っていたんですが、どうやらリョータローの希望的観測だったみたいですね。」

 

包茎手術などのおかげで、リョータローもある程度長持ちするようになりましたが、今回の結果をみると、まだがんばらないとなーと思いました。

 

実際、まわりからよく話に聞くのも、10~15分あたりが平均ともいうので、妥当なのかもしれませんね。

 

合計対象者 平均挿入時間
8,184名 13.1分

 

各データから算出された「希望の挿入時間」は?

各調査、アンケートがはじき出された女性の希望の挿入時間は、

「14分20秒」

でした。

補足
下記の調査データから、希望の挿入時間ごとの回答者人数を乗じて算出した数字を総調査人数(7065人)で割り、算出しました。
  • 女性を対象とした「よりよい性生活」に関する意識調査(永尾光一)
  • 『NEWSポストセブン』女性300人アンケート
  • 『sabra』1000人アンケート
  • 『女子SPA』「人生最高のSEXの挿入時間は?」アンケート

 

※より私たちに身近で同じ条件のデータを求めるため、外国人が対象の調査・膣内挿入時間以外の(手指による)調査は外しています。

 

 

実際の挿入時間と比べると、「1分13秒」ほど長い数値になりました。

でも思ったよりも、実際の挿入時間との差はありませんでした。

これは実際の挿入時間が13分強あり、そこまで早くないからでしょうね。

 

 

ただ、早漏の男からしたら、かなり驚異的な数字といえます。

包茎だったころのリョータローは3分前後だったので、「14分20秒」と言ったら、5倍近くも頑張らなければなりません。

リョータロー
「はっきり言って、無理ゲーですwww」

 

 

早漏の男が、セックスをした相手に

「やっぱり早いのって嫌?」

「何分くらい持ってほしい?」

なんて聞いても、女の子も気を遣って本当のことはなかなか言ってくれません。

 

 

「えー、気持ちがあればいいから、時間なんて関係ないよー」

「わたし遅い人がいやだから、3分くらいがちょうどいい」

なんて、あなたに遠慮して言ってくれるかもしれませんが、本音は今回のデータにあるとおりです。

 

 

もちろん、女の子の中には本当に早い男が好きな人もいますが、平均するとやはり15分くらいが希望ラインになるわけです。

 

早漏はなかなか改善がむずかしいですが、女の子の言葉に甘えず、自分でも努力することが必要だなーと感じました。

 

合計対象者 平均希望挿入時間
7,065名 14.3分

 

 

一般的な早漏は何分以内?

前半に医学的な定義では「早漏は挿入後1分以内に射精」と紹介しましたが、一般的には「何分くらいでイったら『早漏』に当たるのか?」が気になると思います。

 

今回紹介したデータは、「早漏は何分から?」というアンケートではなく、「実際の挿入時間」や「希望の挿入時間」を聞いたアンケートです。

リョータロー
「さすがに、『早漏は何分からだと思いますか?』なんて聞いた大規模な調査はないので……」

 

 

ですので、「どのくらいで射精すると早漏と判断されるか?」はむずかしいですが、実際の挿入時間の平均である「13分7秒」から考えてみます。

 

まず、平均時間の前後3分の「10~16分」あたりは誤差の範囲で一般的な挿入時間と思われます。

 

ですから、少なくともそれよりも短い時間が早漏ということになりますが、厳しい女の子だと「10分以下」はもう早漏だと判断されるかもしれません。

 

ただ、10分だと平均よりもちょっと短いくらいなので、一般的に「早漏」と判断されるのは「5~7分以下」あたりかなと推測できます。

 

もちろん、「3分持てば満足」と言ってくれるやさしい女の子もいますが、平均で考えると、「5~7分以内が早漏」というのが、アンケートからも妥当と言えるんじゃないでしょうか?

 

実際、リョータローが女の子に聞いても、この辺の時間帯をいう子が多い印象です。

 

 

あなたは今回のデータと見比べていかだったでしょうか?

早漏改善の参考になればうれしいです。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事